白髪対策とおすすめ白髪染め



白髪とは毛根にある毛母メラノサイトと呼ばれる色素細胞が機能低下を起こしている状態です。白髪の原因は様々ですが、30代後半頃で5割、40代に入ると8割、50代では9割以上の人に白髪が生えています。白髪で最も多いのがつむじ周りの頭頂部、その次は側頭部です。生え際は10%程度です。

●白髪の原因
・老化、加齢
白髪の多くは老化、加齢が原因です。30代後半以降に増えはじめ、更年期頃には急激に増加することがあります。老化によって黒髪を作る色素細胞が衰えはじめます。年齢とともに代謝低下、活性酸素の増加、コラーゲンの減少などの症状が見られるようになり、白髪も増えます。

・遺伝
20代など比較的若い人に多いのが遺伝による白髪です。遺伝による白髪のメカニズムははっきりと分かっていません。何らかの要因で色素細胞の働きが低下します。これは薄毛にもあてはまりますが、親の家系で白髪が多ければ白髪になりやすいと言えます。

・ストレス
白髪の原因にストレスもあります。ストレスは血管の収縮やホルモンバランスの乱れなどを引き起こします。白髪以外にも薄毛や円形脱毛症なども、ストレスが大きな居要因です。血流が低下すると毛根に栄養が届かなくなり、細胞の活動も低下してしまいます。

・過度のダイエット
過度のダイエットは頭皮への栄養不足になり、薄毛や白髪の原因になります。栄養は脳や内蔵に優先的に分配され、頭皮への栄養は後回しになっています。適度にダイエットをするのは問題ありませんが、栄養の偏りや不足には注意が必要です。同じものを食べ続けたりする不健康なダイエットは避ける事をおすすめします。


●白髪対策
・白髪染め
殆どの場合、白髪は抜いても、白髪が生えてきます。そのため、白髪染めを使用するのが白髪対策では最もポピュラーな方法です。白髪染めには美容室で行うヘアカラー、自宅で行う白髪染めなどがあります。自宅で行う白髪染めには1剤と2剤を使うヘアカラーや白髪染めシャンプー(ヘアカラートリートメント)があります。

・食事、栄養
白髪対策では食事も非常に大切です。亜鉛にはタンパク質合成作用、細胞活性化作用などがあり、白髪や抜け毛対策に欠かせない栄養素です銅も非常に大切です。色素を作るために必要なチロシナーゼ酵素の合成をサポートします。銅はシャコ、いか、レバーなどに豊富です。

・ストレス軽減
ストレスを抱え続ける事で白髪が増加しやすくなります。ストレスは血管を収縮させる作用があり、毛根に栄養が届きにくくなります。その結果、色素細胞の機能低下を引き起こします。ストレスの軽減には睡眠をしっかり取る事が最も大切です。


白髪染め選びのポイント



●白髪染めの種類
・ヘアカラー(酸化染毛剤)
ビゲンやブローネ、サロンドプロなどで有名なのがヘアカラーです。1剤と2剤を混ぜて使用するタイプで、永久染毛剤と呼ばれます。メラニン色素を分解し、髪の内側まで占領がしっかり入り込みます。刺激があるため、敏感肌の頭皮には赤みや炎症を起こすことがあります。そのため、パッチテストは必ず行うようにします。酸化染毛剤は色持ちがよく、2ヶ月程度持ちます。

・ヘアマニキュア(酸性染毛料)
ヘアマニキュアは半永久染毛剤と呼ばれる白髪染めです。メラニン色素の分解は行わず、髪の表面に染料を浸透させます。ヘアマニキュアは「マイナスイオン」を用いた染料で、髪の毛に帯電している「プラスイオン」と結合することで、髪の毛が染まります。酸性染料(タール色素)を使用し、過酸化水素水は使用していないため、ヘアカラーよりは低刺激です。一般的に1ヶ月程度持ちます。

・ヘアカラートリートメント(半永久染毛料)
ヘアカラートリートメントも半永久染毛料と呼ばれます。利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなど、ネットで人気のある白髪染めのほとんどは半永久染毛料です。植物染料を使用し、ヘアカラーやヘアマニキュアに比べて低刺激。さらに、毛髪に自然な艶を出します。ただ、染料の効果が長続きしません。週に1~2回程度使用することで、次第に染まってきます。

・ヘナ 白髪染め
白髪染め種類に「ヘナ」があります。ヘナはインドなどにある植物で、自然由来の染料の一つです。ヘナの特徴は髪の毛や頭皮へのダメージが殆どないことです。オレンジ色にしか染めること事ができませんが、トリートメント効果も期待できます。ただ、ヘナには独特の匂いがあります。さらに、2~3時間近くも放置する必要があるため、断念する人も多くいます。


白髪染めと薄毛について

ジアミンなどの刺激成分を避ける

白髪と薄毛に悩んでいる場合、1剤と2剤を使用するヘアカラーの使用はおすすめしません。ジアミン系染料やタール色素は頭皮に非常に刺激を与えます。特に、敏感肌の場合は炎症や肌荒れの原因となり、ひどくなると抜け毛を引き起こします。白髪染めを選ぶ際には植物染料を使用したヘアカラートリートメントの使用をおすすめします。

育毛剤で白髪は改善しない

ネット上ではシャンプーや育毛剤で白髪が改善するという記事が見られます。しかし、シャンプーや育毛剤で白髪が改善することはほぼありません。白髪の原因は毛母メラノサイトの機能低下にあります。シャンプーは頭皮ケア、育毛剤は血流改善、炎症抑制作用などがありますが、色素細胞に作用することはありません。

育毛剤はアルコールフリーを使用

白髪染めと育毛剤を併用する場合、アルコール配合の育毛剤は色落ちの原因となってしまいます。白髪染めを使っている場合はミューノアージュM-1育毛ミストなどのアルコールフリーの育毛剤を使用することで、色落ちを防止することが可能です。



おすすめの白髪染め

ルプルプヘアカラートリートメント
価格 初回1,834円・送料540円
容量 200g
成分 カゴメ昆布フコイダン、紅花、クチナシなど
種類 ヘアカラートリートメント(半永久染料)

植物由来の天然色素を使用し、頭皮や髪に負担をかけない白髪染め。カア米昆布フコイダンをはじめ、ヒアルロン酸や植物油などを配合し、毛髪や頭皮をしっかり保湿します。

利尻ヘアカラートリートメント
価格 初回2,000円・送料540円
容量 200g
成分 利尻昆布、シコン、クチナシなど
種類 ヘアカラートリートメント

天然植物染料だから、髪の毛や頭皮への刺激は殆どありません。利尻昆布をはじめ、ヒアルロン酸、ローズマリー、ニンジンエキスなど、28種類もの植物成分を配合。トリートメント効果で毛髪のダメージをしっかり補修します。

スカルプD ヘアカラートリートメント
価格 2,593円・送料540円
容量 200g
成分 アカミノキ、カンゾウ根エキス、コラーゲンなど
種類 ヘアカラートリートメント

植物由来染料で頭皮や毛髪に低刺激の白髪染め。潤いを補給する浸透型コラーゲン、ホホバオイル、椿オイルなどを配合。さらに、髪の毛のキューティクルを補修するゼインなども配合しています。

マイナチュレ
無添加にこだわった低刺激の育毛剤。有効成分で血行促進。さらに17種類の植物エキスで頭皮環境を改善。
ミューノアージュ
2つの育毛剤を使用。頭皮環境を整えながら、毛根を活性化。アルコールやパラベンも無添加で安心。
長春毛精
12種類の和漢エキスを配合。独自のナノ技術で有用成分を微粒子化。頭皮にしっかり浸透して育毛促進。

人気の記事

お試し
初回お試し価格の女性育毛剤。敏感肌で自分の頭皮に合うか試してみたい方におすすめの育毛剤を紹介。
産後の抜け毛
ホルモンバランスの変化によって増える産後の抜け毛対策。おすすめの産後育毛剤などを紹介。
20代女性育毛剤
ストレスや過渡のダイエットなど、20代で薄毛に悩む女性は増加中。そんな20代におすすめ女性育毛剤。
女性育毛サプリ
売れ筋の女性育毛サプリについて。体の内側から髪の毛の成長に必要な栄養素を補給出来るサプリを紹介。
白髪の原因、対策、おすすめの白髪染めについて解説します。