トップページ >  育毛の基礎知識 >  脂漏性皮膚炎

フケ症の原因と対策



フケ症には乾燥タイプと脂症タイプがあります。乾燥タイプは粃糠性皮膚炎と呼ばれ、脂性タイプは脂漏性皮膚炎と呼ばれます。女性のフケ症の多くは乾燥タイプです。女性ホルモンの減少と共に、頭皮は乾燥しやすくなります。乾燥するとバリア機能が乱れ、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激の影響を受けます。

●フケ対策にはシャンプー選びから
フケの発生に関係するのがシャンプーです。フケの原因はシャンプー不足と考えがちですが、そうではありません。洗浄力の強いシャンプーを使用するほど、フケや痒みは増加します。市販のシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーと呼ばれるタイプです。ラウレス硫酸ナトリウムなどの石油系界面活性剤を配合しています。皮脂を取り過ぎることで頭皮のバリア機能が乱れ、外部刺激の影響を受けます。また、代謝が異常に早くなってフケが発生します。

乾燥しやすい頭皮にはアミノ酸シャンプーがおすすめです。アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなため、皮脂を取り過ぎることはありません。そのため、バリア機能が乱れるのを抑制し、外部刺激から頭皮をまもります。ラウレス硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウムなどの洗浄成分が配合されているシャンプーは乾燥の原因になります。

●ビタミンB郡を摂る
フケ対策では食事も大切です。特にビタミンB郡は皮脂分泌をコントロールする作用があります。ビタミンB2は脂質代謝を促進する作用があり、不足すると炎症の原因になります。ビタミンB2はレバー、たまご、うなぎ、納豆などに含まれています。その他、ビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする作用、ホルモンバランスを整える働きがあります。ビタミンB6はレバー、まぐろ、バナナなどに含まれています。

●ストレスをためこまない
ストレスは男性ホルモンを増やし、皮脂分泌の増加による肌荒れを引き起こします。皮脂によって毛穴が詰まると細菌が発生し、フケやカユミの原因となります。ストレス軽減には睡眠をしっかり取ることが最も重要です。また、適度な運動や休憩などによってストレスを解消してやることも大切です。

脂漏性皮膚炎を改善する方法

脂漏性皮膚炎は炎症によるフケ、痒みなどの症状です。皮脂腺の多い頭皮や鼻、背中などで起こりやすく、皮脂分泌のバランスが乱れ、炎症が発生します。皮脂分泌の乱れについては、ホルモンバランスやストレス、睡眠不足、食事などが原因と考えられています。シャンプーをしても痒みやフケが治らない場合は脂漏性皮膚炎の可能性があります。



脂漏性皮膚炎はマラセチアと呼ばれる真菌の影響で悪化してしまいます。皮脂が酸化することで過酸化脂質に代わり、毛穴づまりが発生します。その結果、毛髪の成長は乱れやすくなります。脂漏性皮膚炎は皮脂が多い男性ばかりでなく、ストレスを抱えた女性にも多い皮膚炎です。ここでは脂漏性皮膚炎を改善する方法を紹介します。

●アミノ酸シャンプーを使用する
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌バランスが乱れている状態です。脱脂力の強いシャンプーを使用し、皮脂を取り過ぎると、過剰な皮脂分泌を引き起こし、炎症を悪化させてしまいます。洗浄力がマイルドなアミノ酸洗浄成分を使用したシャンプーであれば、頭皮への刺激を抑えてフケやカユミの発生を抑えます。また、脂漏性皮膚炎によるフケ、痒み対策に有効な成分に「ピロクトンオラミン」があります。ピロクトンオラミンには強い殺菌作用があり、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア真菌を阻害する作用があります。

●ビタミンB郡を摂る
皮脂の分泌は脂質や糖質の代謝低下が1つの要因です。脂質代謝はビタミンB2、糖質代謝はビタミンB1の摂取が大切です。また炎症を抑えるビタミンB6もかかせません。これらビタミンB郡を配合した食事やサプリなどを取り入れる事がおすすめです。マルチビタミンサプリやチョコラBBなどの内服薬もおすすめです。

●睡眠、食事
皮脂分泌の要因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。これはニキビと同じで、睡眠不足やストレスなどが要因です。特に、強いストレスを抱えるとホルモンバランスは乱れやすくなり、皮脂分泌が増えます。しっかりとした睡眠、休息を取り、ストレスを減らす事が重要です。また、甘いものや揚げ物などの食べ過ぎも皮脂を増やす要因になります。

●皮膚科での治療
脂漏性皮膚炎の悪化の原因にマラセチアなどの真菌があります。真菌が増えると、湿疹がひどくなります。皮膚科では抗真菌剤と呼ばれる塗り薬や炎症を抑えるステロイドを処方しています。頭皮の痒みが続く場合は皮膚科での治療をおすすめします。

薄毛対策に人気の女性育毛剤特集

女性育毛シャンプーのおすすめ
人気の女性育毛シャンプーをピックアップ。乾燥しやすい女性の頭皮に最適なアミノ酸シャンプーを中心に紹介。皮脂を取り過ぎる合成界面活性剤などを使ってないシャンプー、保湿力のある植物エキスや毛根活性化作用のシャンプーを紹介。
敏感肌におすすめの女性育毛剤
女性の頭皮は男性よりも乾燥しやすいため、外部刺激を受けやすくなります。頭皮や細胞へのダメージを抑えた低刺激の女性育毛剤について。無添加にこだわった敏感肌用の育毛剤について紹介。
返金保証付きの女性育毛剤
返金保証のついた女性育毛剤について。「女性育毛剤を使用してもなかなか効果がでない。頭皮に合わない。」という事もありえます。そんな時には返金保証が付いた育毛剤なら、安心して試す事ができるのでおすすめです。

粃糠性脱毛症の原因、対策

乾燥したフケが大量に発生し、気がつくとフケが肩についているのは、粃糠性脱毛症と呼ばれる症状の一つです。ここでは粃糠性脱毛症の原因、対策について紹介します。



・粃糠性脱毛症の特徴
粃糠性脱毛症は女性に多い症状です。乾燥した頭皮の角質が剥がれ落ち、フケが大量に出てきます。ターンオーバーが乱れて皮脂や老廃物がきちんと処理できなくなり、フケによって炎症を起こしてしまいます。

溜まったフケと皮脂によって細菌が繁殖し、毛穴が詰まるなどの頭皮環境が悪化し、髪が抜け落ちてしまいます。 さらに、頭皮にかゆみが出てしまい、掻いてしまう事で頭皮の症状が悪化しかねません。 粃糠性脱毛症の原因としては、ホルモンバランスが崩れて常在菌が必要以上に繁殖する事で、フケが大量に発生する事が分かってきています。 また、統計的には、アレルギー体質の人に出やすい傾向があります。 少量のフケは誰でも出るものなので問題ありませんが、大量に出ている場合はひこう性脱毛症の可能性があります。

・粃糠性脱毛症の対策方法
粃糠性脱毛症になってしまったなら、皮膚科を受診する事をお勧めします。炎症を抑えるための塗り薬などが処方されるのが一般的で、症状の重さに応じて様々な治療法が取られます。

自分でできる事として、頭皮の保湿を意識するようにしましょう。 またフケが気になって頭を何度も洗う方も多いですが、逆効果になってしまいます。 必要以上に頭皮を洗う事は、頭皮のダメージに繋がります。シャンプーはできるだけ洗浄力の強くない、弱酸性のアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。

さらに心がけたいのが、食生活や睡眠などの生活習慣の改善です。精神的疲労や肉体疲労によるストレスはターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こします。睡眠時間はしっかり確保する事が非常に大切です。
マイナチュレ
無添加にこだわった低刺激の育毛剤。有効成分で血行促進。さらに17種類の植物エキスで頭皮環境を改善。
ミューノアージュ
2つの育毛剤を使用。頭皮環境を整えながら、毛根を活性化。アルコールやパラベンも無添加で安心。
長春毛精
12種類の和漢エキスを配合。独自のナノ技術で有用成分を微粒子化。頭皮にしっかり浸透して育毛促進。

人気の記事

お試し
初回お試し価格の女性育毛剤。敏感肌で自分の頭皮に合うか試してみたい方におすすめの育毛剤を紹介。
産後の抜け毛
ホルモンバランスの変化によって増える産後の抜け毛対策。おすすめの産後育毛剤などを紹介。
20代女性育毛剤
ストレスや過渡のダイエットなど、20代で薄毛に悩む女性は増加中。そんな20代におすすめ女性育毛剤。
女性育毛サプリ
売れ筋の女性育毛サプリについて。体の内側から髪の毛の成長に必要な栄養素を補給出来るサプリを紹介。
フケやかゆみを引き起こす脂漏性皮膚炎について。脂漏性皮膚炎の原因、対策などについて紹介します