トップページ > 敏感肌 > 敏感肌の育毛対策

敏感肌の育毛対策

無添加タイプの低刺激がポイント!

敏感肌タイプの化粧品は多くありますが、育毛剤ではあまり見かけません。敏感肌は肌だけでなく、頭皮にも赤みや炎症などが出やすい肌質です。その為、フケや痒みもでやすくなります。敏感肌はバリア機能が低下している状態なので、ちょっとの刺激にも頭皮が反応してしまいます。



敏感肌の多くはアトピー型、乾燥型、脂漏症皮膚炎です。敏感肌の場合、シャンプー選びも重要です。アトピー、乾燥型の場合は、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使用し、頭皮への刺激を抑える事が重要です。脂漏症皮膚炎についても、頭皮の刺激を抑える事が大事です。さらに、ピロクトンオラミンなどの殺菌成分を配合したシャンプーの使用が有効です。

・敏感肌におすすめの育毛剤
敏感肌におすすめの育毛剤は無添加タイプです。特に香料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤などは無添加の育毛剤がおすすめです。さらに、アルコールも無添加であれば、より刺激は少なくなります。

添加物によってはバリア機能を乱れてしまいます。敏感肌の人は特に注意が必要です。育毛剤選ぶ際には、必ず刺激成分が無添加の育毛剤を選びましょう。

抗炎症作用のあるグリチルレチン酸2kなどの植物エキスをはじめ、保湿作用のあるアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなども大切です。炎症や乾燥は、フケや痒みを悪化させるので、抗炎症、保湿成分は欠かせません

・無添加育毛剤の注意点
添加を前面に押し出して女性育毛剤が多いものの、何が無添加なのかということに注意しましょう。指定表示成分はたくさんありますが、その中の1つでも添加されていなければ無添加と表記できます。

何種類の添加物が無添加なのか、どんな成分が無添加なのかをきちんとチェックする事が大切です。無添加の成分数が多いほど低刺激ですし、アレルゲンとなる成分がわかっていれば、それが無添加なら安心して使えます。

・ミノキシジルは刺激が強め
薄毛対策で使われるミノキシジルは刺激が強いため、敏感肌の方が使った場合、頭皮に炎症やカユミが出ることがあります。敏感肌の場合は保湿や抗炎症成分が非常に大切です。頭皮が荒れてしまうと、毛穴が詰まることで髪の毛の成長力が低下してしまいます。

マイナチュレ
無添加にこだわった低刺激の育毛剤。有効成分で血行促進。さらに17種類の植物エキスで頭皮環境を改善。
ミューノアージュ
2つの育毛剤を使用。頭皮環境を整えながら、毛根を活性化。アルコールやパラベンも無添加で安心。
ビフォリア
血流改善作用の生薬、頭皮ケア成分などの育毛成分たっぷり。超微粒子化された成分がしっかりと浸透。

人気の記事

産後の抜け毛
ホルモンバランスの変化によって増える産後の抜け毛対策。おすすめの産後育毛剤などを紹介。
20代女性育毛剤
ストレスや過渡のダイエットなど、20代で薄毛に悩む女性は増加中。そんな20代におすすめ女性育毛剤。
女性育毛サプリ
売れ筋の女性育毛サプリについて。体の内側から髪の毛の成長に必要な栄養素を補給出来るサプリを紹介。
無添加タイプの低刺激がポイント! 敏感肌タイプの化粧品は多くありますが、育毛剤ではあまり見かけません。敏感肌は肌だけでなく、頭皮にも赤みや炎症などが出やすい