トップページ >  > マイナチュレとルプルプ(LpLp)を徹底比較

マイナチュレとルプルプ(LpLp)を徹底比較

女性に人気の育毛剤、マイナチュレとルプルプ。海藻エキスをはじめ、生薬や植物エキスなどが配合された育毛剤として人気です。

ここではマイナチュレとルプルプの育毛成分や価格、返金保証、コスパなどの観点から比較してみました。

マイナチュレ


成分
51種類 有効成分3種類
容量
120ml
定期価格
初回:1058円(税込) 以降 4,921円(税込) 送料無料
単品
5,610円(税込) 送料750円
返金保証
180日間
6本まで返金可能

マイナチュレの公式サイトはコチラ

ルプルプ


成分
22種類 有効成分4種類
容量
150ml
定期価格
初回:980円(税込) 以降5,885円(税込) 送料無料
単品価格
6,372円(税込) 送料無料
返金保証
なし

ルプルプの公式サイトはこちら


マイナチュレとルプルプを成分で比較

女性育毛剤を比較する上で最も重要なのが「配合成分」です。女性の薄毛は血行不良やホルモンバランスの変化、頭皮の乱れが主な要因です。

有効成分や生薬、植物エキスによる薄毛対策への効果、フケやかゆみを抑える効果などを比較します。

血流改善、毛根活性化成分を比較



<<血流改善成分>>

●マイナチュレ
酢酸トコフェロール、センブリエキス、ニンジンエキス、オランダカラシエキス、セージエキス、ニンニクエキス、ローズマリー

●ルプルプ
タマサキツヅラフジアルカロイド、センブリエキス、生姜エキス、油溶性マサキエキス、ローズマリー

女性の薄毛対策に欠かせないのが血行促進成分です。頭皮の血の巡りを改善し、栄養や酸素を毛根に届ける働きがあります。毛根に栄養が届くことで髪の毛は成長します。

血流改善成分を比較すると、マイナチュレは7種類、ルプルプは5種類含まれています。ですので、血行促進作用はマイナチュレのほうが良さそうです。

<<細胞活性化成分>>

●マイナチュレ
海藻エキス(ミツイシコンブエキス)、L-リジン液、セイヨウノコギリソウエキス、アロエエキス

●ルプルプ
パントテニルエチルエーテル、海藻エキス(カゴメ昆布)

細胞活性化成分を比較すると、マイナチュレが4種類、ルプルプが2種類です。成分だけを見るとマイナチュレのほうが豊富です。

ただ、ルプルプには低分子フコイダンが含まれています。浸透力に優れており、毛根の細胞活性化をしっかりとサポートします。毛髪成長を促進するFGF-7タンパク質の産生量はルプルプの方が優れています。

<<ホルモンバランス成分>>

●マイナチュレ
ヒオウギエキス、オウゴンエキス

●ルプルプ
なし

ホルモンバランスに働きかける成分を比較すると、マイナチュレ2種類、ルプルプはなしです。40代以降の薄毛は女性ホルモンが大きく関係しています。そのため、マイナチュレが優位だと言えます。

頭皮ケア成分を比較



<<炎症を抑える成分>>

●マイナチュレ
グリチルリチン酸ジカリウム、ビワ葉エキス、ヒキオコシエキス、ローマカミツレエキス、オドリコソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ボタンエキス、シナノエキス

●ルプルプ
グリチルリチン酸2k、ビワ葉エキス、ラベンダー油

<<頭皮を保湿する成分>>

●マイナチュレ
L-セリン、グリシン、L-グルタミン酸、L-アラニン、L-リジン液、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、アロエエキス、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ジオウエキス、キューカンバーエキス、セイヨウサンザシエキス

●ルプルプ
コムギ胚芽エキス、ユーカリエキス、オレンジ油

炎症抑制成分を比較すると、マイナチュレが9種類、ルプルプは3種類です。頭皮の炎症によるフケ、かゆみにはマイナチュレがおすすめと言えます。

保湿成分を比較すると、マイナチュレが13種類、ルプルプが3種類です。アミノ酸を豊富に配合したマイナチュレが大幅にリードしています。

マイナチュレとルプルプを使用感で比較



●マイナチュレ
マイナチュレはノズルタイプの容器です。薄毛部分にダイレクトに塗布することが可能です。テクスチャーはさらっとしており、ベタつきはありませんん。

香料や着色料、パラベン、鉱物油などは無添加で、使用後のニオイは特にありません。低刺激にこだわり、頭皮へのダメージを抑えています。

●ルプルプ育毛剤
ルプルプはスプレータイプです。ピンポイントノズルだから、薄毛部分にしっかり塗布することが可能です。ノズルタイプに比べると、分け目などへの使い勝手はすこし落ちます。

精油成分が含まれており、アロマの香りがあります。べたつきはありませんでした。ルプルプはメントールを配合しているため、すこし清涼感があります。

マイナチュレとルプルプを価格で比較

女性育毛剤選びで重要なポイントに「価格」「返金保証」などがあります。ここではマイナチュレとルプルプのコスパを比較します。

マイナチュレの価格、返金保証について



女性育毛剤で人気のマイナチュレ。約50種類の育毛成分を配合し、薄毛対策をサポート。さらに、無添加にこだわり低刺激。
価格(税込) 定期;初回1,058円、2回目以降4,921円 送料無料
単品:5,610円 送料750円
6ヶ月価格 25,666円(税込)
容量 120ml
返金保証 180日間返金保証 6本まで返品可能
定期解約 6ヶ月間



ルプルプの価格、返金保証



カゴメ昆布フコイダンをはじめ、血流改善作用のある生薬などを配合した育毛剤。低分子フコイダンが毛根の活性化をサポートします。
価格(税込) 定期;初回980円、2回目以降6,053円 送料無料
単品:6,372円 送料無料
6ヶ月価格 13,086円(税込)2ヶ月おきに1本
容量 150ml
返金保証 なし
定期解約 3本(6ヶ月)

マイナチュレとルプルプ コスパで比較



●価格
マイナチュレとルプルプの価格ですが、マイナチュレは初回1,058円、ルプルプは初回980円で購入することができます。それ以降はマイナチュレが4,921円でルプルプが6,053円です。ただ、ルプルプ2ヶ月おきの金額です。そのため、価格はルプルプのほうが安くなっています。

●定期購入
定期購入の場合、マイナチュレは6回継続、ルプルプは3回継続が条件です。定期購入の解約については、どちらも電話連絡が必要になります。

マイナチュレとルプルプはどちらも次回発送予定日の7日前までに連絡をする必要があります。

●返金保証
マイナチュレは180日間返金保証(最大6本まで返品可能)がついています。ルプルプは返金保証がついていません。

マイナチュレを返金保証は電話で受付しています。容器とお買上明細書の2点が必要になります。頭皮に合わない場合も安心できます。

総合的にはマイナチュレがおすすめ!



マイナチュレとルプルプを比較してみました。「配合成分」「使用感」「価格」などを比べて、マイナチュレがおすすめです。

薄毛対策で最も重要な「配合成分」において、マイナチュレはルプルプを圧倒しています。血流改善成分や頭皮ケア成分、ホルモンバランス成分がルプルプよりも豊富に含まれています。

ただ、価格に関してはルプルプの方が安いです。ルプルプは150ml配合で、2ヶ月おきに送られてきます。ただ、マイナチュレも定期コースのお届け周期を変更することは可能です。

使用感に関してはそれほどの違いはありません。どちらもさらっとしており、べたつきはありません。ルプルプはメントール配合のため、苦手な人はマイナチュレがおすすめです。
マイナチュレ
無添加にこだわった低刺激の育毛剤。有効成分で血行促進。さらに17種類の植物エキスで頭皮環境を改善。
ミューノアージュ
2つの育毛剤を使用。頭皮環境を整えながら、毛根を活性化。アルコールやパラベンも無添加で安心。
ビフォリア
血流改善作用の生薬、頭皮ケア成分などの育毛成分たっぷり。超微粒子化された成分がしっかりと浸透。

人気の記事

産後の抜け毛
ホルモンバランスの変化によって増える産後の抜け毛対策。おすすめの産後育毛剤などを紹介。
20代女性育毛剤
ストレスや過渡のダイエットなど、20代で薄毛に悩む女性は増加中。そんな20代におすすめ女性育毛剤。
女性育毛サプリ
売れ筋の女性育毛サプリについて。体の内側から髪の毛の成長に必要な栄養素を補給出来るサプリを紹介。
女性に人気の育毛剤、マイナチュレとルプルプ。海藻エキスをはじめ、生薬や植物エキスなどが配合された...